新人看護師の初心貫徹

Home »  新人看護師の初心貫徹

新人向けの看護師の求人は、ここ、熊本でも毎年大量に出されています。もともとは、全国的に人材不足と言う抜本的な問題を抱え、日進月歩の先端医療に対処できる優秀な看護師の育成に力を入れなければならないという医療現場の事情が背景にあります。従って新人のための研修はどの医療機関においても重点を置かれており、ベテランの看護師を講師に招いて座学と実習によるカリキュラムが組まれています。また外部から講師を招いて研修の充実化を図り、これらの制度を利用して専門看護師や認定看護師の資格を取得して病院の看護技術のレベルアップに貢献する人々も増えて来ました。
さらに看護分野でも管理と言う道を選択する方法もあります。この看護教育、管理分野は比較的歴史の新しいもので看護職の生涯教育や人材開発、人事管理などに関連した研究を行ない仕事の中心とするものです。看護職の社会的地位の向上に努め、ストレス管理を行ない看護職の職業性や専門職性を追求することを柱としている点に特徴があります。
新人の看護師は、看護師養成学校や看護大学などを選択した時点で、自らの職業人生を看護分野にささげようと言うファイティングスピリットが備わっていると言えるでしょう。多くの学生が一般企業の就職試験に翻弄され営業職や事務職などいわゆるサラリーマンとして社会に染まって行くのとは職業や人生に対する覚悟が別格と言っても過言では有りません。そのような世間一般の職業選択や就職活動に流されない精神は看護師としてのキャリアを積み、ベテランの域に達した時もプラスになるに違い有りません。是非初心を貫徹してもらいたいと願わずにはいられません。